蜂の子おいしい!

蜂の子レシピ

蜂の子は昔から重要な栄養源として重宝されてきましたが,蜂の子に含まれる動物性の必須アミノ酸は人との相性が良いので体内に吸収されやすく昔から重要な栄養源として重宝されてきました。

蜂の子は見た目も抵抗がありますが,味にはくせはなく食感もぷちっとしていて歯ごたえがありますので,見た目をクリアできれば食事に取り入れることも可能でしょう。蜂の子は佃煮や甘露煮になり市販されていますが,それらを使用した蜂の子を使ったレシピを紹介します。

「蜂の子ご飯」は,炊きあがったご飯に蜂の子の佃煮をまぜるだけという簡単なレシピですが,佃煮はご飯との相性がとっても良いですし,ご飯と一緒に食べることができるのでそのままよりも食べやすいので挑戦しやすいでしょう。

「バター炒め」は,蜂の子の佃煮以外にほうれん草とコーンを用意しましょう。洗ったほうれん草は三等分に切っておき,コーンは缶詰からだして水切りをしておくという簡単な用意でできてしまいます。熱したフライパンにごま油を少々いれ,ほうれん草のかたい部分から炒めます。火が通り始めたら,コーンも入れ,少し炒めたくらいのときに,バターをいれ,全体に火が通り始めたら醤油を少々いれます。このあとで蜂の子の佃煮をいれますので,醤油をいれすぎないように気をつけましょう。蜂の子の佃煮をいれて全体になじませて火をとめて完成です。

「ちりめんじゃこのふりかけ」は,ちりめんじゃこをバターでかりっと炒めたら,蜂の子の佃煮をいれて炒めます。これだけで立派な栄養価の高いふりかけの完成です。

自分に合う蜂の子の食べ方を研究してみましょう。
↑go to top