蜂の子おいしい!

蜂の子はどのくらい飲むと良いのか

蜂の子は、5大栄養素と言われる炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを、たくさん含んでいます。特に、体内で作れない必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸が入っているので、健康的な生活をしたい人にとっては理想的な食品です。

しかし忘れてはいけないのは、蜂の子は薬ではありません。すぐに効果が得られるものではないので、最低でも半年は飲み続ける必要があります。早くて1か月~3か月で効果を実感できたという人もいますので、一概に「何か月」は言えませんが、忍耐強く飲み続けることで効果が出てくるようです。一度症状が良くなったからといって、飲むことをやめてしまうと、また再発することも多いようですので、しばらくは続ける必要があるようです。

薬ではないので、飲む時間帯などを細かく制限する必要はありませんが、朝起きてすぐに飲んでいる方が多いようですし、胃腸が弱い方は食後に飲むなどの対策をされているようです。

蜂の子には、耳鳴りや難聴に効果があるとされていますが、必ずしも科学的に証明されているわけではないのですが、摂取し続けるとそういう症状に効果があったという方がとても多いのが特徴です。そういう話を聞くと、同じ症状を持っている人からすると、試さないわけにはいかないですよね。「蜂の子」ネットで検索すると、耳鳴りや難聴、めまいなどが多くヒットします。それほど口コミの評価が高く、どんどん注目されている食品です。症状で悩んでいる方はぜひ、諦めずに摂取しつづけてほしいですね。

↑go to top