蜂の子おいしい!

蜂の子の効能

ロイヤルゼリーにも勝る栄養価を持っていると評判の蜂の子ですが、最近では、インターネット通販などで、容易に手に入れることができるようになりました。

蜂の子の栄養成分の内訳は、実は、半分以上がアミノ酸です。このアミノ酸が豊富な点が蜂の子の一番の特徴で、蜂の子が成長し成虫になるとこのアミノ酸はタンパク質に形を変えてしまうので、蜂の子であることが重要となってくるのです。人間が体内で生成することができないので、口から摂取しなければならない必須アミノ酸は、8種類ほどありますが、なんと驚くべきことに、これら8種類すべてのアミノ酸を、蜂の子は含有しているのです。非常に、優秀な食材ですね。

見た目はちょっとグロテスクで、口にするには、抵抗がある人も多いと思いますが、味や食感には定評がありますので、是非、試してみると良いと思います。

さて、蜂の子には、脳の活性化を促す効果がラットの実験により認められています。脳組織に直接働きかけることで脳が活性化するので、記憶力がよくなり、物事の処理能力が増加します。したがって痴呆症予防になるのです。これから日本社会に訪れる超高齢化社会に役立つ食材となる日も近いかもしれませんね。

さらに、蜂の子には亜鉛が多く含まれていますが、この亜鉛は味覚障害を改善する働きをします。また、味覚障害を予防する効果がありますので現在味覚障害を抱えていない方にとっても有効だといえます。

↑go to top